スタッフDiary

Rose Tiara Staff Diary

桐生でうまれたジャガードドレス

日本の伝統的な織物のひとつ、桐生織。

桐生織は、8世紀に現在の群馬県桐生市から
京都へ一人の男性が宮仕えに出されたことから始まるそうです。
その男性は、宮中の白滝姫に恋をしてしまいます。
本来なら許されない恋。
和歌の腕前があった男性は、天皇の前で和歌を詠んで
白滝姫を桐生に連れて帰る事を許されたそう。
そして、桐生へやって来た白滝姫が
織物の技術を人々に伝えたことが桐生織の起源。

現在では、「西の西陣、東の桐生」とも言われ
西陣や西洋から技術を導入し発展してきたそうです。

そんな桐生でうまれたmade in Japan Fabricを使った
ドレスをご紹介します。


ローズジャガードワンピース
51015-802/75015-802 37,000円(税抜き)
RoseTiara Lはこちら☆
RoseTiaraはこちら☆


ジャカード織機で織られる先染めの織物は
着物の帯のようなしっかりとした高級感ある生地に
ローズティアラオリジナルの
エレガントなローズ柄が特徴。


このドレスは柄指示をして生地を裁断しているので
どのドレスも同じ位置にローズ柄が出ています。
胸元からウエストにかけてあえて柄を入れないことで
エレガントに。
また、目線が上にいくように柄を配置しているので
スタイルアップ効果も大。
しっかりとしたハリのある生地がシルエットをきれいにキープして
フレアでもタイトでもないほどよく
女性らしいシルエットを作ってくれます。

日本の伝統技術を大切に
ローズティアラらしいキュートでフェミニンなデザインのドレスは
シーズン、年齢問わず、ずっと愛用していただける一枚に。

日本の素晴らしい技術とローズティアラのこだわりのデザイン、パターンを
是非手に取ってみてください。


カレンダー

2018.8

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

「ずっと好きだったもの、好きなものだけに囲まれたい…」 そんな女性たちの等身大の感覚を大切にした服を展開しています。

シーズンカタログ

シーズンカタログ